バラで始まった

6月22日(月)晴れ

細君、コロと早朝散歩に行く。途上バラの先生が庭いじりをしていた。お招きを受け庭に入り、バラの剪定、肥料などの指導うけた。そして、先生と旦那のバラにまつわるエピソード、ジョークなどで盛り上がった。

以外にも細君が熱心に聞いていたので、先生がほどほどにしないとバラで疲れを起こすよと冗談を言っていた。その位神経を使っているしバラを愛している先生でした。

バラの接ぎ木の仕方を教わったので早速実践してみようと思った。枝を切ったら水揚げが必要なことがポイントだった。

我が家の継ぎ足しで作ったつるバラの棚を今回の教えで頑丈な作りに変更しようと思った。この花盛りが終わったらゆっくり作ろう。


コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    (月曜日, 22 6月 2015 23:30)

    二人と一匹、仲良くてよいですね。
    ところで最後の写真はなんですか?干からびたカエルですか?

  • #2

    管理人 小山 (火曜日, 23 6月 2015 07:30)

    「ムッ、みずみずしい身体の状態です。」とコメントしている青ガエルです。
    意外と大きくて(5~6㎝)どこか愛嬌あって、西日を浴び雨乞いをしている青ガエルです。