コロタン捕り物帳

3月3日(火)晴れ 山は寒かった。

ご主人昨夜はまんじりともしないで夜を明かしました。だって、愛犬が一人山で過ごしたからです。寒い夜、餌も食べないで衰弱し野垂れ死にではと。まだ、5か月のワンコ心配だ。

6時に出発、コンビニによりコロの気を惹く食料を調達し見失った山に向かいました。

目的地に着くとうろうろしながらもしゃんとして元気そのもの。名前を呼ぶと近くまで寄ってくるが後一歩の足が出なくて捕えられない。

細君を電話で呼び、挟み打ち作戦を開始したがそれもダメ。それで、いつものように山の頂上向かってご主人歩き出すと喜んで後になったり、先になったりしてハイキング気分のコロでした。我慢に我慢を重ね餌を食べた一瞬のスキに賭け、見事捕獲しました。ホッとするやらムカッとするやら気持ちが交差しました。

結果 再教育をすることにしました。今日から外のワンコ小屋で生活、少し自分の立場が分かるまで心を鬼にすることにしました。どうにか細君の賛同を得てです。

今晩 泣きわめくのではと・・・・・今のところ静かです。

ランチを食べながらのボランティア活動の会議です。お雛様だからお雛様チラシです。手作りの差し入れがあったりしてこんな会議だったら毎日会ってもいいと思う。でも、12時から始まり3時過ぎまでかかるのでは・・・・・・

 

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    (水曜日, 04 3月 2015 06:34)

    冬山で一夜過ごして元気いっぱいなんて、丈夫なワンコだね。

  • #2

    管理人 小山 (水曜日, 04 3月 2015 21:08)

    呼ぶと目の前に来るのですが捕えて紐をつけることができなかったのです。その内暗く寒くなるし、おまけに携帯を忘れたから細君の応援も借りられないし困り果ていったん帰りました。そして、懐中電灯を持ち、真っ暗闇の森の中を一人コロの名前を呼びながら歩き回りました。
    たぶん、その頃コロも疲れ果て寝てしまったのでしょう。
    お陰様で、夜中に何度も目をさまし、見つからなかったら地元新聞に迷子の小犬の広告を出すことも考えたりしました。
    ほんとに心身とも疲れました。