変な達成感

今日は細君のK市立病院の診察日、科目受付がAM7時00分から開始される。順番が早ければ院内での待ち時間が短く心身ともに負担が少なくなる。

ご主人、朝4時40分の目覚まし時計2台でたたき起こされる。耐寒用重装備を身に着け自家用車で出かけた。道は雪が降って薄暗い、5時頃到着受付マシーン一番を確保した。

パイプ椅子に腰かける気温10度位だけどホッカイロ2個にマフラー、ニット帽、ダウンで身を防護しているので難なく仮眠に入る。ざわめきで目覚めると6時10分だ。

そして、運命の7時00分3台の機械に三人が一斉に操作、終わると3階の採血順番受付へ急ぐ。

結果 外科1番、採血1番ゲットした。玄関入口、駐車場はごった返している100人位並んだみたいだ。

ご主人 なんて言うか 変な達成感を感じた。複雑・・・・


コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    (木曜日, 19 2月 2015 08:54)

    変ななんて変だ。神業だ。ものすごーい!配慮だよ。

    200%達成感を感じます。細君はますます細々君になるでしょう。

  • #2

    管理人 小山 (木曜日, 19 2月 2015 20:18)

    同じ並ぶなら 一番はホント達成感があります。午後、ゆっくり仮眠を取ろうとしたら「ピンポン」先輩が遊びにやって来て、コーヒーを付き合うことになりました。
    でも、夜はいやでもぐっすりしました。