年相応に話そう

いつものワンパターンの堤防でコロを放してくつろぐつもりでした。ところが、今日はいつもより磯が引いていた為に浅くなった水辺を渡りコロが道路に出てしまった。どうやって紐をつけて帰ろうかと思案しましたが、少し学習能力がついたみたい。ご主人が帰宅のルートを淡々と歩くと、横道を行ったり来たり走り回るが後をついてくるのです。そして、1キロの道のりを無事、そして玄関に入ってくれました。ホット ホットしました。

それもつかの間、先日収録したけせんぬま災害FMの放送です。どんな結末になるかドキドキ、細君ニタニタでした。結果 喋り方 軽い 軽すぎた。年相応のきちんとした対応、話をしなければと思いました。

でも、気仙沼プレクトラムアンサンブルの事をPRできたことには間違いないからいいとしましょう。けせんぬま災害FMさん ありがとう ございました。 

気持ちを取り戻し、また散歩 三陸道工事が急ピッチで進められていました。