ネコの手は当てにならない

なんで、ご主人が洗面すると用でもないニャンコが入れ代わりやって来るのだろう。ニャンニャンとうるさいので洗面の手を止めると,ポンと飛び乗りお湯くれと騒ぐ。そして、ペチャペチャと飲むのです。気が利かない、気まま、気まぐれの性格は、特にこの華は治らない。「そうだ」次に洗面のお湯を飲ます時は、ご主人の爪のあかを少し煎じて飲ませよう。ケケ そうすれば、少しましな猫に生まれ変わるかもしれない。

先日は、猫が破いた障子張りがありました。今日は、襖張りです。和室に入れろと襖で爪をとぐ、その為背伸びした部分だけズタズタです。

ダイシンで襖張りキットを購入し、爪痕の部分を張り直したら、色が全く合わない。

細君に絵具で色合わせしてと頼んだら無視された。当然ですね。

そんな時,2階では少し晴れ間の陽光にあたり寝そべる華でした。お前がやったんだぞ・・・