ここ掘れワンワン

細君の要望でチャーシュー作り、今では、身体に滲みこんだ技で苦も無く作れるようになった。後は、冷蔵庫で1日寝かすと食卓に上る。これに、新米とサラダで十分です。

午後は、観光ボランティアガイドのお手伝い、今日は、山形県鶴岡市から30名朝6時に出発して来たそうです。市場が休みで寂しいけど、震災、津波の話の時真剣に聞いててくれた。

帰りに海の市で、ふかひれコロッケお土産にと列に10分並んだけど、観光客の人が大量に購入するものだから動かない、あきらめた。

帰宅、ドアを開けようとすると庭隅から「キャン、キャン」「待ってたのよ」「散歩お願い」ご主人が敷居に上がる間もなくコロタンの散歩に出かける。

津波で避難した高台にある古谷館の八幡様から生まれ故郷を撮る。この場所がどのように生まれ変わるのかしっかりとした計画ができていないという。

道端から獣の臭い(モグラか野ねずみ)がしたのか、盛んに鼻をひくひく、唸り声を上げ穴掘り開始です。以前畑でどでかいモグラを掘り当てた実績があるからあきらめるまで十数分付き合ってしまった。自分のあほかげんさに呆れてしまった。

でも、帰りは煙雲館の庭園を外から堪能したから、良しとしますか。