男と女の再開

実家の両親の介護に出かけた、細君が一時帰宅しました。病院の薬を受け取るとまた実家に出向です。

それで、ランチを一緒に食べながら近況報告です。評判の唐やに12時05分に到着、もう駐車場は満杯。

店の中のカウンター席に空席もない。あきらめ掛けると「1時からの予約の席で時間内ならどうぞ。」ラッキー

しばしの再会はおいしいランチですごし、男と女は満足して別れました。

 

旧友との再会は居酒屋で昔話と近況、そして、これからの生き方を酒を交えて時を過ごしました。

別れがたく、最後は南町喫茶マンボで定番のラーメンです。どうして、酔っぱらっちゃうとここに来るのでしょう。

それは、この店に青春の思い出を残していたからです。店は、生まれ変わってもやっぱし喫茶マンボです。

年を取ると男(ご主人)は酒、女(細君)は品数がある食事です。

 

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    佐幸 (日曜日, 12 10月 2014 17:14)

    しばしの再開ともなると豪華なランチですね。
    週末夫婦は新婚時代が続くとのこと。
    そちらは新婚時代の再来ですか?

  • #2

    小山 信治 (日曜日, 12 10月 2014 20:34)

    「唐や」のランチは1200円です。
    解説します。
    刺身は、厚みのあるホタテの貝柱、厚焼き玉子、マグロだったかな。
    暖かいうーめんだと思う。
    茶碗蒸し
    揚げ勝は、豚ひれに特製ソース
    つけものきゅうり
    いもサラダ
    みそしる、ごはん
    それに、コーヒーがつきました。
    12時前に行くこと。
    予約することもできます。
    一人の時はカウンター席です。
    お誘いします。行きませんか。お返事を待ってます。