第38回 定期演奏会

 定期演奏会だけは観客動員数より、会員自身がいい会場でマンドリンオーケストラのこだわりの音色を出したいという願いで「はまなすホール」にしました。

リハーサル時に演台、パートの位置をずらしたりして調整しました。なにしろ大風呂敷の選曲に対して演奏者の人数が少ないためでした。

やっぱ音色がちがう、音が出る、遠くに飛ぶなど反響版の威力を感じました。

指揮者も見た目が大事と立ち振る舞い、楽器の構え置き方を指導、本人も最初上着なし、二部から正装と演出効果を出していました。

今回の演奏でプレッシャーがかかったのは、「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」と「祈り」でした。特に、「祈り」は作曲者本人(堀 雅貴さん)が会場に来所するということで、いい演奏にしなくてはと特に気合が入りましたが・・・講評が怖い、怖いでした。

集合写真に堀さんが快く承諾、会員、お澄ましでメデタシ、メデタシ。

次は打ち上げ 堀さんが参加してくれることに。いったいどうなることやら・・・・続く